ANOTHER WAY ~ THE ALFEE'S SONG,LIVE,GUITAR ~ 私設研究所

Happy 40th Anniversary for THE ALFEE!! 【長年愛用していたパソコンが逝ってしまったので、現在投稿が滞っております。スマホに馴れるか、おにゅうのPC買うかしたら続き始めますので、しばらく御容赦を】

 
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

\ T.H.K 58 /(ToshiHiKo 58歳)
歳を言う度驚かれ、ド派手な柄とラッパズボンのスーツを着こなし、若者とプロテイン&筋肉談義に花を咲かせ、
ミリオンセラー連発する少女達に肘の皮を絶賛されて喜ぶ(爆)
ますます妖怪じみてきたそんな58歳児!( *`ω´)人(бвб)
元気な妖怪・高見沢俊彦 58歳記念!!


という事で続きー


ライブでは、現在はあって嬉しい定番の1曲だよね!
SWEAT & TEARS」「星空のディスタンス」「夢よ急げ」に続く第4の定番曲!といっても過言じゃないポジションになってますよね。
予定調和で結構じゃまいか( ´・ω・`)(笑)
長い年月活動し続けてるからこそ許されるのだよ。
四半世紀前に演奏してた曲を、キーも演奏も変えずに今もやってんだぜー♪
いや、
やり続けてるんだぜ!!
こんなカッコイー事はないじゃまいかv(。・・。)イエッ

ライブで楽しいのはやっぱしかけ声だよねー。
会場全体に響くHEY!の声。
特に80年代はみんな全力で返して、会場が揺れてたよね!
いつしか全然静かになっちゃってたけど、ここ数年また客席の声の勢いが出てきて嬉しー♪
そしてステージの「動き」だよねー。
1番、2番で王子と幸ちゃんが両サイドで歌って、3番の王子ボーカルの箇所で二人で肩組み歌う
ヤオイ系女子萌えタイム(бвб)(爆)
いや、女子だけじゃなく、男から見てもギタリストとボーカルが絡んで歌う姿はカッコいーんだけどね(笑)
やったりやらなかったりだけど、いつ見ても盛り上がるシーンですよねー。
58歳児の肩に回した手を、リズム取りながらトントンしている坂崎先輩がツボ(笑)
後、坂崎先輩が「Hey!」を煽るときにする
猫手がツボ←これな!(笑)

アルバム発売は85年の6月だったけど、春のAffectionツアーから演奏してますよねー。
これはツアー当初からメニューに入ってたんだろーか?
金沢来たのは6月の頭でアルバム発売直前ぐらいだったから、もう演奏してたけどー。
最初のアンコール頭で演奏でしたー。
当時は定番だった58歳児一人のギターアドリブによるソロあってのイントロリフ♪
この時点でラジオ先行オンエアもしていない、ファンはまったく耳にもしていなかった新曲だったので、これ何―?Σ( ̄口 ̄;)!!状態
しかーし、
会場大ノリ大盛り上がり\( ・ω・)//( ・ω・)\
当時は金沢でも立ち見出るか出ないかぐらいの満杯だったので、他から遠征してきてるファンなんて相当少ないはずなんだけどー、
この曲かっけー!! q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
と、この日「For Your Love」から演奏された数曲の中でも抜群に印象に残った1曲ですた。
この日は学校の仲間内で総勢10人ぐらいで行ってて、帰り道の一番の話題になった(笑)
歌ってる絵がすげー印象残ってるわー。
まだ坂崎先輩はハンドマイクで動く演出じゃなかったよねー。
通常の立ち位置のマイクスタンドのままで歌ってましたー。
Leopard柄のジャケット着た坂崎先輩がスタンドマイクの前に仁王立ちして拳上げて、メタル系ビニールレザーの58歳児と桜井さんが脇を固める絵―。
コテコテのギターアクションだったり、ボーカリストのシャウトだったりロックバンドの王道的な感じで、他のバンドじゃ普通の絵なんだけどねー(笑)
でもALFEEでコレは新鮮だったし、やっぱしカッコよかったわー。
YOKOHAMA STADIUM 3DAYS、参加した2日目でも最初のアンコールで演奏。
80年代はアンコールでの定番でしたねー。
春と同じく、58歳児1人のギターソロからの演奏でしたー。
イントロが始まって桜井さんと坂崎先輩が登場!
音源を聞き込んだ後だったので、イントロからバッチリ乗れますた(笑)
初めて参加した野外だったのもあってサイコー\(≧∇≦)/
秋ツアーでは2度目のアンコールで演奏。
このツアーから、立ち位置のスタンドマイクとは別に、ワイヤレスのハンドマイクが登場!
より動きのあるステージ作りが出来るようになってきた時期ですねー。
王子と肩組んで歌う
女子萌えタイム
もこのツアー辺りから登場(爆)
二人だけじゃなく、サビで3人固まって歌ってもいたよねー、確か。

SWEAT & TEARSツアーではオープニングブロック!
初めて本編で登場しましたー。
オープニングの「SWEET HARD DREAMER」が終わってのイントロに、うわっ、もうやるのかー!と\( ・ω・)//( ・ω・)\
最初からアンコールのような、会場煽りまくりのオープニングでしたねー。
TOKYO BAY-AREAでは最初のアンコールで。
アンコール出てきて、まさかのDeep Purple「ハイウェイ・スター」!
半端な付け毛をした(爆)坂崎先輩がギランになりきってフルコーラス歌いきり、そのままイントロへ。
オリジナル通りのストラトでこの曲演奏したの、この時が初めてだったんじゃないかなー?
本編後半が重い構成だったのもあって、弾け方のギャップがすげかった(笑)
現場では、なんでいきなり「ハイウェイ・スター」だったんだろー?とかポカーンと思ったんですが、終わって考えたらPurple繋がりって事だったんですねー・・・
多分、客には伝わってないです(бвб)
もー自己満足だけの世界だよな(笑)
やっぱし10万人ライブとか騒がれて、自分達でも知らないうちに事が大きくなってったから、純粋に力抜いて楽しめるコーナーを求めたんだろーねー。
春ツアーの終盤戦で「Smoke on the Water」なんか演奏してたそーなので、Purple気分も強かったよーで(^_^;)
この演奏、ビデオ収録しておいて欲しかったなー( ´・ω・`)
10万人ライブが終わった3日後、Hirosima Peace Concertのトリを勤めた時も、6曲ぐらい演奏した中にこの曲がメニューにありましたね。
えぇ、参加しましたとも(бвб)
金沢-東京-金沢-広島の強行軍!
あんな事もーできないわ(^_^;)ってか、やってみて良かったー。
出たの、8時ぐらいだったよねー。
午前中に日の差す野外で歌う「恋の炎」(爆)
なかなか味わえないライブでしたー。
秋ツアーではセカンドブロックの重厚なナンバーを集めたブロックで演奏。
この曲以外に「AMERICAN DREAM」も入るよーになって、ハンドマイクナンバーが珍しくなくなったので、この辺りからはいろんなポジションで演奏されるよーになりましたよねー。
この辺りで定番ナンバーとしては一旦お休みな感じになりましたねー。

日本平では3部の前半、朝の4時ぐらいに演奏(笑)
オープニングブロックの怒濤のハードナンバーの中で演奏されましたー。
始まる前は自分が寝ちゃうんじゃないかと心配してたけど、朝まで全然元気だったなー(^_^;)
日本平に響き渡る午前4時のHey!と拳の波(爆)
人間、体力よりも精神力だわ( *`ω´)という事に気付いた19歳の夏(бвб)
TIME SPIRITツアーでは埼玉・春日部で見た際にオープニングブロックで演奏。
メニュー的にはかなり流動的なツアーで、福井で見た際は演奏されなかったし、かなりセットリストも違ってましたねー。
BRIDGE ACROSS THE FUTUREではオープニングブロックで演奏。
この演奏はビデオ収録されてますよねー。
鋼鉄の巨人」ハイパースピードver.(爆)の後の、掻き回しからのイントロ♪
ハードロックで押したオープニングでしたー。
長年オリジナルアレンジで演奏されてきた曲ですがー、
この時最大のアレンジ変更を実施♪
Aメロをアフタービートのリズムとリフに変更し、ダンスナンバーっぽい雰囲気に様変わり!
Cメロの58歳児ボーカルを3声に変更!
2箇所変えただけだったけど、かなり大胆にリアレンジされてましたよねー。
丁度、「Funky Dog」でダンスビートを取り入れてたりもしたので、その流れで実験的にしてみたのかなー?
また、この手のリズムパターンはそうる透さんが得意だったのかな?
かなり楽しげにやってた印象がー。
翌年、10回目の夏でも同じアレンジで演奏されましたねー。
この時はアンコールで演奏。
これもビデオ収録されてますよね。
本編終盤から一時大雨でしたが、アンコールに入ったぐらいで上がったのもあって、曲の途中で坂崎先輩が「上がった上がったー」と思わず漏らしてたり(笑)
ずぶ濡れになった後で会場一つになって盛り上がったねー( *`ω´)人(бвб)
このアレンジで演奏したのはこの時まで。
今となっては貴重なアレンジだったなー。

Communicationツアー・富山ではアンコールで演奏。
アレンジがほぼ元に戻った演奏。
特に不評だった訳でもないよねー?
やっぱし実験的に変えてみてたのかなー。
完全に元に戻ってた訳ではなく、Aメロのコード進行がずっとEをベース音に残した形になってたり、シンセのフレーズが変わってたり。
この時って前曲の「King’s Boogie」から引き続いてF1Guitar&Bass使ってたっけ?
多分変えてたよね?@記憶無し
ここは日替わりだったよーで、翌日の金沢では「Bad Girl」になってますた。
横須賀のイベントではオープニングブロックで演奏。
この時も春同様のアレンジですたー。
AMERICAN DREAM」と続けて歌われた、けっこー珍しい曲順でしたねー。
Victoryツアーではセカンドブロックで演奏。
このぐらいになるとツアーの記憶が無くなってるなー( ´・ω・`)
千葉マリンでは2日目のオープニングナンバー!
ビデオ収録もされてるけど、なんか不思議なオープニングだったよね(^_^;)
いろんな曲のイントロ部分だけを流したSEから7色のスモークが炊かれて、「恋の炎」のイントロSEがフェードアウトするぐらいで普通に演奏がスタート。
なんかオープニングの盛り上がりMAXが何処か解らず始まった感じー(笑)
だから今一乗ってけなかった記憶あるわー。
ライト側に座っていたので、イントロと共に58歳児が来て盛り上がったけどー
・・・
衣装に驚愕しますた(-∀-`)
なんじゃあれorz
もっと酷かったのが坂崎先輩@メタリック・エリマキトカゲ\(T∇T)/
代表曲てんこ盛りのオープニングブロックでしたねー。

PROGRESS の秋ツアーではオープニングブロックで。
ツアータイトル通りのプログレナンバーが多かった中では異色のスタンダード・ハードロックですた。
EMOTIONツアーではアンコール頭で。
まずは58歳児のギターソロ演奏があってのイントロ。
いつもの通り楽しく盛り上がってエンディング、最後を掻き回す中、素早く袖に消える桜井さんとスタッフからベースを受け取る坂崎先輩(笑)
タイミングを見計らって、58歳児が振り下ろしたギターから弾きだしたメロディは
Deep Purple「BURN」のイントロっ
このツアーで導入されていたバックの大きなスクリーンには燃える炎の映像がっ。
あー・・・・
火繋がりなんですね(бвб)
延々イントロのフレーズが続く中、着替えて出てきた桜井さんは、ハッピ姿に纏を掲げる火消し姿(爆)
あんた達、一体何がしたいんだ(-∀-`)
息切らしながら纏を掲げて、無事スクリーンの炎は鎮火\(T∇T)/
もーね、もー・・・・orz
流れは解ってあげられるんだけど、
ぶっちゃけスベってますよー(бвб)
そこから何故かクイーン祭りになるという、今一意味のわからないアンコールですた(笑)
ツアーリハ中は内輪で盛り上がったんだけど、やってみたら意外にハマらなかったんですね、解ります(・Θ・)
A.D.1999ツアーではオープニングブロックで演奏でしたー。
90年代の途中辺りから、Cメロの演奏アレンジがダダッ、ダタッっと止めるのに変わって、今の形になってますよねー。
後、「獣になれー」の所でたまに
アオォォーン@吠
と入れる遊びも始まったぐらいかなー(笑)

21世紀に入って、最初に聴けたのは西武ドームの初日。
アンコールでの演奏。
初日は聴く方もやる方も音と熱さの問題でかなりもやっとしたものあったけど、さすがにこの時間になると馴れたのか、あまりピッチのズレとか感じてなく楽しめたなー。
これはDVD収録されてますねー。
TRANSFORMATIONの秋ツアーではセカンドブロックで演奏。
この時期からはほぼ定番スタメン並に復活♪
レギュラー万歳\( ・ω・)//( ・ω・)\
アリーナシリーズではメニューから外れてましたが、イブのアンコールで演奏されてたり。
これはDVDに収録されてますねー。
星空のディスタンス」からの流れで、TAKAMIZAWA CUSTOM使ってるのがカッコいー♪
最後の掻き回しでは、坂崎先輩がステージ先端に設置されたリモートカメラを犬に見立てて散歩っぽい遊びをしてみたり(笑)
My Generationツアーでは春先に文京に参加した際は演奏されずでしたがー、日替わりだったよーで、6月の金沢ではアンコールで演奏。
YOKOHAMA SWINGING GENERATIONではDVDに入っている初日のオープニングブロックで演奏。
冷たい雨の中、暖まれるナンバーで助かったという(^_^;)
オープニングも「ジェネレーション・ダイナマイト」だったけど、あれは今一動けねーもんなー(-∀-`)
2曲目にして坂崎先輩も花道の端から端までキッチリ動いてくれてて、あーゆーのは過酷なこっちも嬉しいよね(笑)
Travelin' bandツアーでは、ヨコケンに参加した際に演奏。
アンコールでの演奏でしたー。
アンコールの曲がツアー始まった時とはガラッと変わっててビックリしたなど(・_・;)
関東ファイナル(多分)だったから、スペシャルってのもあったんだろねー。
LOVE &PEACEでは初日のオープニングブロックで演奏。
これはフルコーラスDVD収録されてますねー。
坂崎先輩が花道を走り回ってる間、58歳児と桜井さんが絡んでたり。
この日はほぼ最後尾だったので見えなかったのもあるけど、こーゆー遊んでる所って見逃しちゃうよねー。
カメラに向かって舌出して遊んでるのは、後で映像見ないとわかんないけど(^_^;)
秋ツアーではアンコール頭で演奏。
スパイダースの「フリフリ」を歌って遊んでからの歌でしたー。
この頃、ムッシュの何かに参加したりしてたんだっけ?
何かあってのコレだったよーな記憶―
大阪カウントダウンではオープニングブロックで演奏。
これもDVDに入ってますよね。
雪が降ってかなり寒い日で、しかも夜遅くスタートで、って所で歌うのも大変だったでしょーが(^_^;)
その割にはハードなナンバーをノンストップで続けてて、この人達すげーわ(・_・;)と思わされたり。
2004年・30周年の年はよく歌った1年でしたねー。
この頃の映像見ると、坂崎先輩は間奏前に常に「オーライっ、ギター!」って言ってるねー。
何、50歳にしてこのロックボーカルスタイル(笑)

STARTING OVERツアーではアンコール頭で演奏。
Smoke on the Water」のイントロから始まり、イントロだけかと思いきやサビを熱唱、そしてイントロという流れでしたー。
YOKOHAMA STAR-SHIPでは2日目のオープニングブロック。
DVDに入ってますねー。
オープニング曲「Heart of Justice」のエンディングを花道の先で終えてしまった為、この曲のイントロまでに走って戻ってギターをかけるまで延々掻き回しが続くという(^_^;)
ちゃんとリハしとけ(T∇T)
花道の坂崎先輩越しに赤煉瓦の一般客が見えたり、海側の向こうの波止場で見てる人に58歳児が手を振ったりるのがなんともいいですよね。
ここだからこその風物シーンだわー。
坂崎先輩が珍しく歌詞を間違えた所もDVDに入れてるのがまたGJ!(笑)
3番で思いっきり「華やかにー・・七色だっw」って言っちゃってるという(^_^;)
もう年齢的に集中力が続かないんですね、解ります(бвб)
なんとも柔らかいリラックス感(爆)
この気負いの無さが逆に続けてきた証だったりするよねー。

数年演奏がなく、久々にCONFIDENCEツアーで演奏。
オープニングブロック・2曲目でしたー。
SWEAT & TEARS」から始まったオープニング、いきなりアンコールのよーでこの後どーなるのかと(・_・;)
このツアーが怒濤の80年代押しセットリストになるとは、この時点じゃー気が付かなかったお( ´・ω・`)
最後の赤煉瓦では、2日目のオープニングブロックで演奏。
「最後の夏」はやっぱり歌わなきゃね!
後日、DVD見て気付いたんだけどー、1番で上手の花道先まで行った時、チケット録れなかった多くのファンが集まって楽しんでるのを見て、拳で応えた後ホントに嬉しそうに笑う58歳児の絵が素晴らしい!!
あぁー、アンタのファンでホント幸せダーヨ( *`ω´)人(бвб)
と思えるシーンだよねー。
DVDで初めて解って、涙出そーになった(T-T)
上手カメラ、良い仕事したよ上手カメラ
そしてこの頃から筋トレ効果が出てきているのか、「Hey!」を58歳児が率先して煽ってるのも改めて感じたり。
新世界ツアーではオープニングブロックで演奏。
鳥籠みたいなのが中央にあって、3番のCメロではそこで58歳児が歌ってましたねー。
I Love Youツアー・名古屋ファイナルでは最終日・セカンドブロックで演奏。
これはファイナルスペシャルだったのかなー。
間奏明けのHey! Hey!が、客席の声すっげー出てて良かったお。
このツアー、久々に80年代並のパワーが客席にありましたよねー。
そしてこの前のAlwaysツアーではアンコールで演奏。
」をテーマにしたブロックでしたねー。
金沢の客も名古屋に負けてなかったお\( ・ω・)//( ・ω・)\
久々に熱い「Hey! Hey!」の声が飛んでましたー。


映像の豊富さは半端ない(笑)
特に夏イベやアリーナでは外せない曲だったから、だいたい収録されてるし。
参加してない所ではどれが印象深いかなー?
4ACCESS AREAの北海道のが思い浮かぶかも?
他の会場と雰囲気違ってて、なんかいいよねー。
後、坂崎先輩が煽ってるときに、よくカメラマンさんに向かってマイク尽きだしてるのがありますよね(笑)
あーゆーのも映像ならではの醍醐味というか、遊びで好きー。
多くの映像を順追ってくと年数分のサウンドの変化が面白いですよねー。
少しいじってみて戻して、また微妙に代えて・・・結局今の演奏とオリジナルの違いって、Cメロのドラムパターンぐらいだよねー。
やっぱりオリジナルは超えられないし、そのままやってくれてた方が新しく入ってきたファンも出戻ってきたファンも喜ぶしね♪
この曲はホントに外しちゃダメ!だと思うー。
坂崎先輩ボーカルで定番、ってのはあって欲しいよね。
一瞬にしてそれぞれが出会った時代に戻れる定番曲、ツアーでも外すことなく演奏し続けてって欲しいナンバーですよね。


長年に渡って演奏し続けているナンバーだけど、音源がオリジナルしかないってのが不思議―。
リテイクはもちろん、ライブテイクもないんだよねー。
今の技術とバックメンバーでスタジオ・リテイクしても面白いと思うんだけどなー。
ギターもっと前に出したりとかシンセをハモンド系に代えたりとかして、コテコテに泥臭くした方がステキじゃないかと。
当時もそんな感じ目指してたんじゃないかなーって気はするんですよねー。
この曲に限らず「For Your Love」ってやろうとした事と出来た物のギャップが相当ある気がするんだよねー。
それは当時のレコーディング技術とか機材とかの限界があったのはもちろん、バンドを取り巻く環境とか時間的な関係でやりきれなかった事とかもあるんだろーけど。
せめて、「JOURNEY」以降の音作りとレコーディングのクオリティが出来てれば彼ら的にも快心だったんじゃないのかなー。
出すには早すぎたアルバムなのかもしれないですねー。


個人的には高校の文化祭で演奏し歌った1曲でもあるので、思い入れも強いのでつよ(бвб)
これはエレキ2本にして、間奏のツインのフレーズをそのまま生かしてやったなー。
楽しかった思い出ー\( ・ω・)//( ・ω・)\


という事で、幸ちゃん&王子、58歳おめー
*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*


ではっ


恋の炎
作詞/作曲:高見沢俊彦
編曲:ALFEE
アルバム「FOR YOUR LOVE」(1985年)収録

スポンサーサイト

早くも後編が読めて嬉しいです。しかもすごい情報量で更に嬉しいです。
私も高校のバンドでやりました。懐かしー。
TOKYO-BAY AREAでハイウェイスターと続きでやりましたね。当時のFMラジオ番組「ALFEE EXPLESS THE BIG HITS TOMORROW」がそのコンサートの後で最終回になり、ハイウェイスターのオリジナルを流していました。録音したカセットを大切に保管してます。「坂崎がねっ、10万人の前で付け毛するとは!」って高見沢さん言ってたなあ。

この曲を始めて聴いたとき強く感じたのは、「坂崎さん、ついに高見沢さんのハードロック熱に負けてイアンギラン役をやらされたか!」
ってことでした。あっ、いや「american dream」の時の方がそれを強く感じたかな。
まさか「musician」歌ってる人がこうなるとは!
でもそれが彼等らしいですけどね。
[楽曲話]に続いて失礼します。
私は2005年・晴海初日のDVD持っています(この曲はフルで収録)。やたらタカミーの調子が悪い公演だったようですけど。「アオーン」最初何云ってるか分からなかったし。
この時はタカミーが、この日初登場の、普通に見れば派手な、蛾にも気に入られた、GOLD SPARKLE V弾いていましたが、終盤のライトハンドが印象に残ってます。
もう一つ、この時はサビだけでなくBメロのコーラスもDVDでは桜井さんメインに聞こえていたので、私はそっちで覚えてしまっています。実際Bメロは桜井さんメインの方がかっこいいと思うんですけど、どうでしょう。
@aaa さん、いらっしゃいませー
やっぱり手つけますよね(笑)
バンドでやりやすいしカッコよく出来るんだよなー
演奏始まって「ハイウェイスター」っぽいイントロだなー、新曲かなーと思ってたらまんまそれで(爆)
まー、まったくステージが見えなかったので、スクリーンで髪にスプレーかけてるのは解ったけど、付け毛は後日雑誌で知りましたよ。
BIG HITS TOMORROW、どっかにテープあるんだけどなー( ´・ω・`)
「真夜中を突っ走れ」-「ロールオーバー・イエスタディ」とちょっとずつハードに馴らしてってましたからねー(^_^;)
必然の流れかと。



@坂崎張扇さん、いらっしゃいませー
Bメロよりもサビの方が印象大きいかなー@桜井さん
ライブでのBメロは時によってバランス違いますからねー。
Vとかのギブソン系よりも、ストラトで弾いて欲しい曲ですねー。
晴海の頃、関東に住んでたのに仕事で行けなかったわー(;>_<;)











管理者宛の投稿

プロフィール

あっちゃん♪

Author:あっちゃん♪
twitter ID:@venusofrock



ALFEEファンの皆様、よーこそ!
訪問ありがとーございます♪
15の時にALFEEと出会って以来、四半世紀以上のお付き合いの石川在住・一ファンですv(。・・。)イエッ♪
大まかには各楽曲に絞ったあれこれを書いてます。
また楽器の事やライブの事もっ。
お気に召しましたら、コメント等頂けたら幸いです。

なんでも一言っ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ぺそぎん♪
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

コメント入れんのが照れくさいって方は、こちらから一言頂けると嬉しいです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。