ANOTHER WAY ~ THE ALFEE'S SONG,LIVE,GUITAR ~ 私設研究所

Happy 40th Anniversary for THE ALFEE!! 【長年愛用していたパソコンが逝ってしまったので、現在投稿が滞っております。スマホに馴れるか、おにゅうのPC買うかしたら続き始めますので、しばらく御容赦を】

 
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きー


アンコールはいつの通りな感じでしたねー。
春のアンコールがスペシャル過ぎた分、ちょっと物足りなさもあるけどー( ´・ω・`)
アソコまでやられたら足腰ガッタガタになったしなー(笑)
程よいっちゃーいいサイズだったのかもしれないですねー♪
定番の内の2曲を前半にやっちゃってたから、どーなるかと思ったけど、さすが
伊達に曲数多くないヨー(・Θ・)
まだまだ同じようなポジションに置ける曲あるしねー。
コントはコンパクトにしてきたけど、やっぱソコじゃないよなー(-∀-`)
あるのは全然いーのよ。 あれはあれで好きだし。
まぁさすがに30分近くかけるのはやりすぎだと思うけどー( *`ω´)
やっぱ置いたポイントだよねー。
君はパラダイス」は、客弄りに徹して欲しい(бвб)
の「ジャンピング・グルーピー」でも思ったけど、客席に直接投げかけるコミュニケーション、ALFEEの場合けっこー少ないから貴重なのよ。
曲が始まったらソコを楽しみに待つ訳だしねー。
アンコールなんだし、もっともっとぶっ込んで欲しいおね( ´・ω・`)
特に今日の客席は過度な期待でも確実に期待以上の反応で応えられる熱さがあったから余計にだわー。
ちょっともったいなかったねー。
という訳でもっかいアンコール!


客席スゴイ( *`ω´)人(бвб)
5人が引っ込んだ瞬間、ものすげー勢いで始まったお。
名古屋ファイナルに負けてない!
いや、人数考えたらむしろ勝ってる
北陸の本気っ!!
80年代以来の熱さが完全再現♪
しかもねー、その熱さの質がいいというか、みんな自分なりの感謝と呼び込みですげーステキだったー。
いつも通り声で呼ぶファン、手拍子でしっかり音出すファン、他にも場内いろんな音が出てて熱かったわー。
昔はみんな10代とか20代の最初ぐらいだからさー、判で押したよーな「アンコールっ!」って声が揃ってたけどさー
みんな成熟してALFEE意外にいろんな物を見て経験して、自分なりにステージにアンコールを伝えてるよねっ。
みんなステキな大人達\( ・ω・)//( ・ω・)\
今年は春も秋も、俺が好きだった熱気と湿気が充満する暑苦しさ&息苦しさが会場に充満してて感動だわ(T.T)
震災という悲しい事があった年だけどさー、日本人が改めて人と人との結びつきに気付かされたよね。
ALFEEのライブという事に限らず、今生きている一瞬一瞬が全て偶然の重なりから生まれた大事な物なんだおね。
日々それを実感して生きていく事なんて出来ないけど、少しでもそう思う瞬間があった事が幸せだよね。
などと書いてる今思い巡らすなど@まさに書いてる今現在3月11日なのであった


ステージが明るくなって大歓声、5人再々登場♪
それぞれローディから楽器を受け取り正面に。
王子の手には再びFender ジャガー
お?派手にバーンという曲じゃなさそーだけど、バラードでもない感じ??
そーいやまだ「生きよう」歌ってねーよなー・・・
高@アンコールどうもありがとう!
・・・
熱いねー、金沢!(^.B^)ノ

よしっ!!( *`ω´)人(бвб)
どれだけ北陸民が飢えてたかは、しっかり伝わっているよーだ(・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン
「この秋一番~」というのは言わせられなかったが、伝わってるし喜んでくれているよーなので満足してやろう( *`ω´)@上からー
高@金沢はいつも僕らを暖かく迎えてくれて、ホントに嬉しく思ってます(拍手)
今日でツアー始まって1ヶ月ぐらいなんだけどー、個人的に今日のコンサートで
コンサートが見えた!
(手応えを掴んだ、とかそんな言葉だったかな?)
そう感じています(拍手歓声(^^)//””””””パチパチ)
ほぉー、何か今まで離したことのない新鮮なニュアンスだねー。
今日のライブが良かった、というよりは、これでこのツアーのセットリストや流れの形や何かの手応えがあったんだと思われ。
非常に力強く自信に満ちあふれた感じだったので、改善点も含めてハッキリしたんだろーね。
(その後、セットリスト前半に「暁パラ」、中盤に「Another Way」が入れ替わって入ってたりしたよーなので、その辺の流れが王子的には不安要素だったのかなー?
・・・その割に「君はパラダイス」のケツは最後までアレだったそーだが(-∀-`)@解ってない)
そしてここからは例にによってほとんど話を覚えていないというねorz
なんでだろーか、いい話してくれてるんだけど最後のMCってホール出てすぐ忘れるわ@アカンファン
まぁ今日のお礼と、改めてALWAYS―いつでもという所から、春と同じように震災を受けての自分達のあり方、やってきた事を続けていく事の大事さなどの話をしー、そこから夢という話に繋げ
高@僕らにとっての夢とは、コンサートツアーをやることだったんだよね。
という話へ。
震災を経て、ツアー1本1本をより大事にしているしこれからもそう感じてライブを続けて行きたいという話。
そして
高@みんなとはまた何処かで・・・次のツアーじゃなくてもこのツアーは後半分以上、12月の末まで続いていきます。大阪ファイナルもありますんで(苦笑)
城ホールの入りにそんなに不安があるのか(^_^;)
若干名、ハーイと手を挙げてたりしてので、そっち方面から来られた方か、遠征行く地元民かなー。
そして話の締めに
高@これも一つの夢の歌です
ステージが暗転、タローくんのゆっくりしたカウントから滑り出すサウンド、そしてただすけくんが奏でたピアノのメロディは・・・・
(°д°)ポカーン(°д°)ポカーン(°д°)ポカーン・・・
Σ( ̄口 ̄;)

こっ、これはぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ


夢の終わりに
アンタ泣かす気ですか、そーですか
ファンそれぞれホントに心の中に大事にしてる曲ってあると思うけどさー、特にそれが滅多に演奏されないレアな曲だった場合、みんなどんな感覚になるんだろー?
脳内が真っ白というか輝くというか・・・
全身の毛穴から痺れる物質が放出されてるよーな・・・
目にはステージが見えてるんだけど、心は宙を浮いてるよーな・・・・
今、まさにソレです\(T∇T)/
イントロが鳴って何の曲か理解した瞬間、魂が飛んだよ(°д°)ポカーン
いやー、嬉しいっ( *`ω´)人(бвб)
ありがたいっ!ステキっ!感無量!
あんたが大将っ(爆)
まさかコレが聴けるとわーーーq(T∇T*)(*T∇T)p
最近(といっても2005年である)超久々にメニューに入れてたから、次ぎ聴ける機会あるのかなーと思ってただけに感動だお。
1年半待ってた北陸民へのご褒美ですね、そーですねっ@通常メニューである

♪めーっざーめーれーばっ♪という出だしを聴いてまた鳥肌ぞわわわ。
メロディが好き、詩が好き、サウンドがステキー♪
この歌の何がいいって、「目が覚めたら大事な君がいる」という至ってシンプルな心情と情景、そして短いながらにも
♪知らぬ間に違う道歩いて つかんだ物が色褪せて見えた
一人だけでは夢は追えなかった 君がいたから辛くはなかった♪

っていうバックボーンキッチリ描いてるから、奥が深いストーリーが出来上がるんだよねー。
そして大事な所に
♪夢の終わりに残るものは ひとにぎりの愛と君の微笑でいい♪
という少し寂しさも感じさせながらも暖かく締めているニュアンスがいいわー。
すごくシンプルで純粋で真っ直ぐな愛なんだけど、若さ故の純愛とは違うんだよね。
至上の愛」みたいな情熱的な愛し方でもない。
それぞれに傷ついて苦しんで、それを乗り越えた所にあるであろう自由度の高い柔らかな愛ですよね。
いろんな欲とか我がそぎ落とされて、残った一つの物。
悟りってのとはまた違うと思うけどー、達成感というか到達感というか、何かを超えた暖かさが好きー。
またその歌を「THE ALFEEの高見沢俊彦」が歌うからこそいいんだよね!!
ある種カリスマ性が目立つ生活感の薄いミュージシャンだからこその、夢やぶれた男が選んだ情景を歌うリアリティ!
これが詞の世界観をよりリアルに魅せてるんだよねー。
きっと他の曲より、ほんの少しだけ実体験が入ってるんだろーなー・・・と思わせちゃうぐらい、王子にしか歌えない歌になってますよね。
決して幸ちゃんや桜井さんではこの味は出ないかと(^_^;)
まぁ王子自身もまだ30歳過ぎで脂ギンギンの時に書いた曲だから、自分の中から出た物より単なる理想や希望が多大に入ってると思うんだけどー(笑)
特に耐える女性ってのは王子の理想以外の何物でもないよな(T∇T)
60近い今、まだまだ脂ぎってるからなー(-∀-`)(笑)
それにしても詞とシンガーが上手くかみ合ってる楽曲だよね。
またこの86~87年頃の王子の作風って名曲多いんだよなー。
LAST STAGE」も同じような感覚で聴ける曲ですよね。

いつもこの曲はほぉー(°д°)っと聴きいっちゃって、チェックしたい所が全然見てなかったりするんだけどー(^_^;)
今回は、おぉ、幸ちゃんのギター見ねば!と思いだしたんですがー・・・・ほとんどスポットが当たらないので今一確認できず( ´・ω・`)
けっこーハイポジションにカポ(5カポ)してる記憶だったんだけどー、やっぱそーだよね、それでいいんだよね?@ソコ注目してた人フォローよろしくー
この曲の生ギター、Aメロのオブリガードとかカッコ良くて好きなんだおね。
2番終わってギターソロ・・・うん、何の問題もないんだ、いいソロだしステキなんだ・・・・ただ・・・ただ・・・
何故この曲でジャガー?( *`ω´)
いや、ホントになんの問題もないんだ、きっと俺だけの拘りなんだ、そーなんだ( ´・ω・`)
でも・・・でも・・・
この曲はストラトだろぉぉぉぉぉぉ@しかもブラック&白ピックガード限定
百歩譲ってサンバーストのでもいいっ。
ストラトいっぱい持ってきてるじゃーまいかーーーーーーー。
なのに何故この曲に限ってそのチョイス!?
何だ、このちょっとだけ残念な感じ( ´・ω・`)@ある意味、王子クオリティそのものである
なんつーかなー、イメージとか絵という物をd・・・(ry
もう一つ、ちょっと気になったのが前の席のおば・・・ねーさん達っ。
すまん、この曲だけはくねくねしないでくれっ( *`ω´)
ちょっと笑ってしまうではないか(бвб)@ダメ
感想明けの
♪河が流れるように 時間は想い出をはこんで行くけど 大切なことはずっと 二人でいることさ♪
での三声が綺麗―\( ・ω・)//( ・ω・)\
ここの世界観好きー♪シビれるー♪
ソロの勢いそのまま受け継いで、ちょっと熱くなっていいよねー。
大切なことはずっと 二人でいることさ」っていう詞もいいよねー。

明日になれーばぁー・・・・」で一度演奏をリット、あんまり間を置かずにゆっくりと
♪ゆーめのおわーりにー~♪の一節。
今回、王子の歌い方いいわ!
ガッツリ感情入れ入れ歌い込まずに、かなり意識してサクッとしてた感じー。
うん、この歌はその方がいいよねー。
一回リットするんなら、溜めるだけ溜めた方がいいとは思うし、見てた時は
ソコもっと大事にしっかり歌ってー!(-∀-`)
・・・と思ったんだけどー、なんか後で思い返すとサラっと行くならそれはそれで悪くないっ(笑)
ってか、溜めずにレコーディングのままインテンポで行っちゃった方がより良かったかもねー。
ただ「一握りの愛と君の微笑みでいい」はもちっと言葉の重みというか、表現力が欲しかったなり( ´・ω・`)@どっちなんだ
数あるALFEEの詞のフレーズの中でも、最も好きな一節なので気にし過ぎちゃうのだよ(бвб)
♪I can not tell you ~♪から再びインテンポ。
最後の「on and on~」を歌い終えて、ただすけ君のピアノがテーマのメロディを繋いでループのエンディングギターソロへっ( *`ω´)人(бвб)
キーが変わりながら同じメロディのループの中で徐々にアドリブが入るソロ
ここ好きだー、すっげー好きだー・・・
なんでストラトじゃなくてジャガーなんだーーー(-∀-`)
なんだろう、あの少しいびつで大きいボディがなんか違うよー( ´・ω・`)
ってか、今回演出で雪降らさないのね(бвб)
照明で魅せる感じだったねー。
ソロはゆったりしたテーマからの途中からスイッチが入ったよーなリズムアレンジになってアドリブでしたー。
エンディングに向かう進行とか、多分2005年の時と同じアレンジだねー。
まぁいろいろ超細かい気になった点は書いてるがー、当然超感動している訳で(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
この曲を演奏してくれた事に関していろんな感謝の感情があるんだけどー・・・・単純に
この歌をありがとう
としか言葉にできない<(_ _)>

最後の音をジャーンと出して拍手喝采、ここからクレッシェンドして大団円・・・・かと思いきや!
最後の音が鳴った瞬間、即幸ちゃんのスタッフが駆け寄って12弦にギターチェンジ!
王子もすぐにギターを替え・・・・
えっ、もう一曲あるの!?(・_・;)
そして静寂する前に一瞬幸ちゃんと王子がアイコンタクト、そして王子のギターがジャラーンとAのコードを流すと同時に
♪朝日がぁー・・・・・♪
・・・・
えっ?(°д°)ポカーン
♪ふたりのぉーー♪
・・・・
えっ(°д°)ポカーン・・・・・・
えぇっΣ( ̄口 ̄;)!!!!!

こっ、これはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっ


夜明けのLANDING BAHN
なんんですってぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーー!!!!!!\( ・ω・)//( ・ω・)\
おいおいマジかーーー!!??
なんという大ラス q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p 
もーね、テンションダダ上がりだよね!↑↑↑↑
まさかの「夜明けのLANDING BAHN」(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
そうかー・・・・
ツアーのイメージデザインはこういう事だったのかー!(笑)( ´・ω・`)
いや、確かにあのデザイン見たときに、即「日本平」というキーワード思い浮かんだし、この歌あるかな?とか思ったけどさー。
そんな解りやすい選曲するとは思わないじゃん(爆)
でもここ数年、めっちゃストレートな選曲してるよね、考えてみれば( *`ω´)
しかし大ラスに「AGES」からの2曲!!
このアンコールネ申すぐるっ。
ここ最近の、エレキの弾き流しで始まるプチアレンジ。
幸ちゃんはハーモニカと共に♪Oh Good-bye my Darlin’~♪から12弦のアルペジオ。
♪夜明け~のぉ~♪でいつも通り溜めて、王子はグワシ(@違)を突き出しステージ左右に振って見せ、行くぞ行くぞアピール(笑)
会場の熱い想いが溜まった所でタローくんが2カウント!!
ランディン・バーーーーーーーーン!!(・Θ・)/ビシッっ

Asus4・A/Aadd9・Aの短いブリッジから♪時を語るには~♪とAメロに入ってすさまじい手拍子♪ q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p 
後頭部がジンジンしまつ@感動で
この辺まで頭がバーーーーンっ(・▽・)てしてたんだけど、
♪泣きはらした瞳に愛しさを感じても♪のフレーズの歌い方に何故かすっげーグッときたっ。
なんかエライ魂入ってる感じがしたんだよねー。
アカン、なんか泣きそー(T∇T)
最後の夏イベで「明日なき暴走の果てに」のイントロを弾き出した時みたいな感覚―@俺にしかわからん
そーいやこの曲聴くのも赤煉瓦以来だしイベントでは割と聴いたりしてるんだけどねー・・・・
ホールで歌うというのが大事!
春の嵐ツアーでたまたま大阪行った時に聴いたけどー、金沢でこの歌聴くの一体いつ以来だ??@95年ですた
ファンそれぞれになんらかの思い入れがあるだろうし、特に日本平に参加してるファンには「あの夏の約束」として格別の曲だし。
とにかく夏イベというイメージが強いだけにホールで、自分の街で歌ってくれるのはより感動するよねー。
やっぱしこの人達のホームグラウンドは野外より武道館・アリーナ会場より、コンサートホールだからさー!
こーやっていろんな街で大事な曲歌ってくれると、ホント俺達大事にされてんだなーと粋に感じるよね♪
四半世紀の中で何十回・・・何百回・・・は言い過ぎか(^_^;)と感じてきた
この人達のファンで良かったなぁーと今回も思えたお( *`ω´)人(бвб)
それだけ客席の想いとステージの意図が合致してたよね!

♪何を求めていたのかーーーー Yeahェーーーー!!♪
で再び会場中グワシ(@違)を突き出して、みんなで歌いながらの
♪ダァーリンっカンバッツゥマイハーーー♪\( ・ω・)//( ・ω・)\
あぁー地元のホールでこの光景が見れるのは感慨深いお。
いいラストだなぁー*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
1番終わってギターソロ。
この曲のソロも大好きー( *`ω´)人(бвб)
・・でもね・・・・ただね・・・・ちょっとだけ、ちょっとだけ気になったのはね・・・
アンタ、そのギター何?(-∀-`)
なんかねー、レスポール系のシェイプで青い変な模様の入ったギター使ってたんですよー@後にESPの市販モデル・Eternal Descentと判明
この曲もストラトだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉJK@サンバースト、黒・白PGでも可
いっぱいストラト持ってきてるじゃないかぁぁぁぁぁぁぁ。
なんでこの人はいつも
ちょっとずつ残念なんだろう( ´・ω・`)@それこそが高見沢俊彦クオリティである
自ら落とし所を作ってるとしか思えんなorz
ファンの絵的な思い入れとか音に対する拘りとかいう物も少しは加味したまえよ( *`ω´)
ANGEL系の使い所とか見栄えとかあんなに気使ってんのにー。
何故ここでこーゆーチョイスなんだろーか。
えーん(бвб)

2番も会場みんなで歌う・・・というより口ずさみつつ暖かな広がりを作っていい感じー。
全力で一緒に歌う、ってんじゃーないよね。
ちょっと強めに口ずさむ感じが広がってるのがステキー。
みんなこの曲を大事にしてんだなーってのが伝わって嬉しくなるお。
2番歌い終わって転調。
最近幸ちゃんがKトラで話してたの聴いたんだけど、どっかの隙間で素早くハーモニカ入れ替えてんだねー。
全然見て無かったお(бвб)
昔は歯の矯正器具(@違)・・・ハーモニカホルダーに二つ横並びにセッティングして首すんげー伸ばして吹いてたけどー(笑)
最近はサクっと入れ替えしてるそーでφ(・ェ・o)~メモメモ
ヘッド側からカポもずらさなきゃいけないし、いろいろ試行錯誤してんだねぇー(笑)
♪愛を焼きつけた夜明けのぉーーーー・・・♪で最後のグワシ(@違)
ランディン・バーーーアーーーアーーン!!(・Θ・)/ビシッっ
ラディーン・バーーーアーーーアーーン!!(・Θ・)/))
ラディーン・バーーーアァーアーーアァーアーーー!!(・Θ・)/))
うむ、気持ちいい気持ちいい気持ちいいーー( *`ω´)人(бвб)
感無量でつ(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
後奏の幸ちゃんのハーモニカが響いてエンディングのAsus4・A/Aadd9・A
そのまま掻き回してギターを振り下ろし〆、右手を高々と上げ大団円\( ・ω・)//( ・ω・)\
エンディングSEの中、三方に礼をし、いつものように去り際に王子が右拳を上げ良いライブだった事を強調、深々と礼をしステージを後にっ。
拍手の中、SEもエンディングを迎え、鳴り終わると大喝采のStanding Ovation♪
Neo Universe 2011 ALWAYS終了!( *`ω´)人(бвб)


いやー、良いライブだったわ♪
中盤から後半頭に代表されるように、全体的にバラードが多めの秋らしいセットリストに満足♪
しかもどれもこれも、あまり演奏しないけど
名曲揃いっ
さらにいえば、ここ数年あまり演奏する機会が薄かった90年代からの選曲に絞ったのかなーという感じ。
だから本編のセットリストは、かなり新鮮味あったよね。
だからといって、何でもアリのバンドの中で唯一と言っていい拘りを感じるプログレ曲も後半しっかり織り込んでたけど、流れ的に全然納得いく構成だったしー、定番3曲+準レギュラーの曲もしっかり入れ込んでたしねー。
オープニングから大ラスまで、どの切り口からも納得のい行く構成だったんじゃないですかねー。
春とは全く方向性の異なるステージ作りだったけど、また違った満足感がしっかり残るライブでした♪
大人の深い味わいというかねー、心の芯までじっくり染みこむ感動と満足感を味わえますた。
そして大ラス、多分30代後半以上で四半世紀以上付き合ってたり、中抜けしたけど戻ってきたファンには相当思い入れの深いアルバム「AGES」からの2曲!!
個人的にALFEEのバラード最高傑作だと思ってるし、やっぱり他のファンの想いも濃い「夢の終わりに」。
メッセージソングじゃない普通のラブソングにもかかわらず、当時「SWEAT & TEARS」や「ラジカル・ティーンエイジャー」などと同格の支持を得た「夜明けのLANDING BAHN」。
このアルバムから滅多に演奏されないけど、ファンの思い入れが深いこの2曲取り上げたってのが、なんか嬉しいよねー。
当時のライブの匂いとか肌触りを思い出せたり。
その頃並の客席の盛り上がりもあったので余計にだねー。
この世代で、このアンコール2曲を聴いて歓喜しないファンはいないであろうと断言できる。
心底、もう一回見てぇー!と思ったもんなー。
この秋ツアーが始まってから、ツイッターとかいろんなブログとかでも、春に続いて不思議なくらいネガティブな意見がまったく出てなかったのよ。
いや、もちろん曲バレしてそーな所は徹底的に避けてたんだけども(笑)
なるほど、こーゆー事だったか(бвб)
そりゃそーだよね、この大ラスじゃー!
今年(2011年)の春・秋は大満足!!
2011年のライブは内容・曲共に充実した1年でしたねー\( ・ω・)//( ・ω・)\
震災を経て決行された今年のライブ
ホントにありがとう!


感動を胸にホールを出ると、もう一つの感動が待ってましたー。
ホール入り口の脇に群がる多くのファンと歓声。
壁には張り紙。
2012年春ツアー、6月3日(日)本多の森ホール決定!
\( ・ω・)//( ・ω・)\やったーーーーー!!
コレ、みんな何より嬉しいお知らせだったよなー。
ブログやツイートする為なのか、シャメ撮ってる人も多く、時代だなーと感心したり(笑)
またFOBも気合い入れちゃって
普段は次回のお知らせって、出口に1枚、壁に1枚ぐらいな感じなんだけどー、壁に3枚ぐらい張ってありました(笑)
FOB金沢、ガチの本気でつ(бвб)
いやーまたテンション上げられたわー♪
ホールを出た後は遠征来てくれたプーアルさんと魚突きつつ晩御飯させてもらいー(ありがとー(^.^)/)、テッペンぐらいの時間に帰宅―。
2011年オワターー\(・Θ・)/


と言うことで、2012年春ツアーは6月3日/日曜日!
同じく本多の森ホール♪
日曜だから中部・関西圏以外の人は厳しいかもしれないがー
また一緒に盛り上げておくんなまし<(_ _)>
今年もステキなライブを!!


ではっ

スポンサーサイト












管理者宛の投稿

プロフィール

あっちゃん♪

Author:あっちゃん♪
twitter ID:@venusofrock



ALFEEファンの皆様、よーこそ!
訪問ありがとーございます♪
15の時にALFEEと出会って以来、四半世紀以上のお付き合いの石川在住・一ファンですv(。・・。)イエッ♪
大まかには各楽曲に絞ったあれこれを書いてます。
また楽器の事やライブの事もっ。
お気に召しましたら、コメント等頂けたら幸いです。

なんでも一言っ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ぺそぎん♪
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

コメント入れんのが照れくさいって方は、こちらから一言頂けると嬉しいです♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。